HOME / MUSEUM & VILLAGE / ジーンズミュージアム 2号館
Betty Smith

ジーンズミュージアム 2号館

Jeans Museum 2
2014年にオープンしたジーンズミュージアム2号館。1970年代に稼働していた洗い工場をリノベーションして造りで、児島発祥の国産ジーンズに特化した展示になっています。児島から生まれた国産ブランド<BIG JOHN><BOBSON><BETTY SMITH>の各時代の製品を展示しているほか、70年代、80年代の懐かしい広告ポスター等の展示物も充実しています。

This new wing of the Jeans Museum opened in 2014 in a renovated building. This was originally the washing workroom, which came into service in 1970. Museum 2 is dedicated to exhibiting material related to domestic Japanese jeans production, the birthplace of which is Kojima. The wing has a rich array of items on display, such as fashion items by homegrown Kojima brands—BIG JOHN, BOBSON, BETTY SMITH—that cover a range of historical periods, together with nostalgic advertising posters from the 70s and 80s.
Betty Smith
入場無料休館日/年末年始
営業時間 9:00〜18:00
Entrance: free
Opening hours:9:00 a.m. - 18:00 p.m.
Closed:the beginning and end of the year
Betty Smithジーンズのヒゲ加工が体験できるスペース。
Betty Smith「ウォッシャー」または「ドラム」と呼ばれる、デニム専用の大型洗濯機を展示。鉄製の丈夫なつくりで、軽石を入れて洗っても壊れない。
Betty Smith生地の配反が体験できるコーナー。いかに効率的にパターンを生地に配置できるかはジーンズのコストにも影響してくる。熟練の裁断職人になると一瞬にして最適な配反がわかるという。
Betty Smithこれはデニム専用の脱水機。遠心分離機のように高速回転し、大量のジーンズでもわずか30秒ほどで脱水が完了。
10年で区切った商品の展示。1980年代は「多様化するジーンズ」、90年代は「ヴィンテージへの回帰と進化」、2000年代は「ジーンズのまち、児島へ」とそれぞれタイトルづけされている。
Betty Smith70年代の児島を支えたミシンとして数台を展示。このJUKI社製のミシンは立って縫製するスタイルで「立ちミシン」と呼ばれる。本場アメリカでも立ちミシンが使用されていた。
Betty Smith80年代から90年代にかけて、ボブソンがスポンサードしていた鈴鹿8時間耐久レースの「チーム・シンスケ」。レースで実際に使われていたレーシングスーツとキャンギャルの衣装。
Betty Smith<Eco Betty>の商品を揃えたミュージアムショップを併設。倉敷帆布や会津木綿、由加山蓮台寺とのコラボレーション商品も販売している。
BACK
Copyright  Betty Smith Co.,ltd.